サービス内容

Service

仕様書

kanvasでホームページ制作を行う場合の仕様について解説します。
対応するブラウザや、スマホ対応の方法についての説明です。

1.対応するOSやブラウザ

対応するOSはPCの場合Mac・Windows、スマホの場合iOS・Androidに対応します。各OSのバージョンは、メーカーサポートが行われているバージョンとします。

ブラウザについては、自動アップデートが行われるChrome・Firefox・Safariは最新版。IE・Edgeについては、メーカーサポートが行われているバージョンとします。

2.RWD・UA切り替え

スマホ対応を行う場合は、基本的にRWD(レスポンシブ・ウェブ・デザイン)をご提案しています。

UA(ユーザーエージェント)の切り替えで、スマホ専用サイトを制作することも可能ですが、リダイレクト処理やコンテンツの重複によるSEOへの影響など、工数が多く保守性も悪くなります。

3.内部SEO

SEOの内部施策でマークアップによる効果は年々低下しています。kanvasでは、メタ要素の「title要素」「description要素」、見出しの「h要素」など、コンテンツに応じてセマンティックなマークアップを行うことで、内部SEOを行います。

サービス内容

以下のリンクより、サービス内容のメニューページへ戻ります。